Oliveの日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ラブリーホールのピアノ・デュオ

<<   作成日時 : 2009/01/26 15:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像


画像


河内長野ラブリーホールで知人のお嬢様のピアノ・デュオ毎年開催される。今年も、ケーキセット付き鑑賞券だったので開演前仲間と歓談してから、開演に望んだ。流石 ピアノ演奏者のプロ 素晴らしいピアノジェットであった。静かなメロディ 激しい2たりの連打、夫々の曲の良し悪しまでは私には解らないが、十分その曲の内容を感じ取ることが出来た。もう同伴して3年目なる娘が「良かった、良かった」と感動したようであったが、、娘には、こどもの頃からピアノを永年習わせたが、大学受験の時にプイと捨ててしまった。その後、ピアノを弾いている事はほとんど、見たことが無い。人生には無駄に過ごすことも多いが、長い年月 学んだ事は無駄になってない事を 娘の批評の満足度を聞いて感じた。


○ ピアノ弾く 指にながれて来る 音符


○ 私の人生 楽譜の音が ずれたまま


○ 楽譜など 要らぬ夫の 六甲おろし



● 猫の額 我が家の庭に わくわく野菜の種を巻く


● 今日も又 元気を出そう 掛け声をかけつつ 先に家を出る


● 腰痛で 歩行困難の 怖さ こわいと 散歩に出る











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ラブリーホールのピアノ・デュオ Oliveの日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる